日本の大学生が留学しづらい理由は?


今週のはじめに韓国から大学生がたくさんやってきました。その数なんと45人!
すべて同じ大学の大学生で、大学のカリキュラムにフィリピン留学が組み込まれているのです。

大学生 フィリピン留学

毎日夜遅くまで学習しています!

今回来た大学生たちは一ヶ月の短期留学ですが、韓国では1年2年と大学を休学して海外に留学するのがポピュラー。ある生徒さんに聞いてみたところ、大学の友だちの半分以上が海外への長期留学経験があるとのことでした。

日本の大学生が海外に留学しづらい要因の一つが学費。私立の大学のほとんどは、休学してもいくらかの学費を大学に支払う必要があります。私は国公立の大学に通っていたので、休学しても学費はかかりませんでした。でも、休学した場合(=留年とみなされる)、奨学金が打ち切られるため、留学したくても留学できない状況でした。韓国では休学した場合、学費がかからないため、長期留学しやすい状況にあるのです。

日本の学校も同じように休学しても学費がかからなければ、「もっとたくさんの人が留学できるのになぁ」と考えてしまいます。今の状況では、私立の大学に通っている学生は、日本の学費と海外の学費をダブルで支払うことになり、とても負担が大きいからです。

私は29歳になって初めて海外での生活を経験しましたが、若いときならより多くのことを吸収できたはずと思っています。多くの方に大学生のうちに海外での生活を経験してほしいと願っています。

休学するのが難しい日本の大学生は、ぜひフィリピン留学を効果的に利用してください。渡航費、学費の安いフィリピン留学なら、大学を休学しなくても夏休みや春休みを利用しての留学が可能です。

コメントを残す