2月1日、Farewell partyを開催!


2月1日の金曜日、セブシティ随一のホテルCrown Regencyのパーティ会場を貸し切り、盛大なFarewell partyを開催しました。たくさんの生徒、先生、スタッフが参加し、その数なんと120名以上!!

Farewell party Crown Regency

豪華なパーティ会場にみんな大喜び!

生徒も先生も思い思いにドレスアップ。パーティ会場から見える夜景がとてもキレイで始まる前からみんな興奮気味でした。

司会進行を努めたのは、当校切っての美人教師レスリーとイケメン高校生キース。(キースは韓国人ですが、フィリピンの高校に通学しているのです。まさに英才教育!)まるでプロの司会者のようにスムーズに進行してくれました。

プログラムは卒業生への卒業証書授与からスタート。セブNLSでは卒業証書にはこだわっていて、布張りのしっかりとした台紙を用意しています。

続いてキッズキャンプの子どもたちによる英語スピーチ。少し緊張していましたが、みんなとても上手に話せていました。また私やスタッフに感謝の言葉を述べてくれた子もいました。セブに来たばかりの頃は英語が分からなくて泣いていた子もいたのに、この成長っぷりは嬉しい限りです。子どもの成長の速さとその吸収力には驚きを隠せません。

Farewell Party ダンス

息の合ったダンスを見せてくれました!

スピーチの後は、ショータイム。子どもたちがダンスや歌を披露してくれました。毎晩遅くまで練習していたのを知っていたので、私もドキドキしてしまいましたが、堂々と立派にパフォーマンスできていました!

ディナーはフィリピン料理のビュッフェ。ブタの丸焼きの「レチョン」は3体も用意しましたが、大人気であっという間に完売御礼!!

小休憩をとった後に先生と生徒による歌やダンス、コントなどのパフォーマンスがありました。フィリピン人の先生たちは本当に歌やダンスが上手で、鳥肌ものです!

パーティは6時から始まったのにいつのまにか11時を過ぎていました。5時間もの間、食べて飲んで、歌って踊って、多いにパーティを楽しんだのでした。

Farewell Party

フィリピン人の先生のリズム感ははんぱないです!

私は日本人の学生をケアするためにこの学校に来ましたが、今は日本人の学生がいなくて韓国の子どもたちや大学生をケアしています。最初は習慣が違うし、言葉も通じなくて戸惑いました。でも、今は韓国の子どもたちや大学生と出会えて本当によかったと思っています。彼らはとても礼儀正しく、親切でした。英語学習への意欲もとても高いです。日本の学生が見習うべきところがたくさんあるなぁと感じています。

子どもたちや大学生は英語でスピーチをして自信をつけてくれたので、韓国に帰っても英語の学習を続けてくれると信じています。

コメントを残す