日本語OK!セブドクターズホスピタル


こんにちは!セブNLS日本人マネージャーのMIKAです。長期留学で心配なのが病気や事故。普段の英会話ならともかく、病院で自分の症状をちゃんと英語で伝えられるか不安がありますよね。

でもご安心ください!当校からタクシーでわずか5分の距離にあるセブドクターズホスピタルには日本人専門のジャパニーズヘルプデスクがあるんです!

セブドクターズホスピタル

オスメニアフエンテサークルから徒歩5分ほど。設備の整った総合病院です!

実は先日海で遊んだ際に、思いっきりウニを踏んづけてしまいまして・・・。しばらく痛くて歩けなかったのと、化膿する可能性があるのでセブドクターズホスピタルで受診してきました!

セブドクターズホスピタル ジャパニーズヘルプデスク

このビルの2階にジャパニーズヘルプデスクがあります!

電話で予約すれば待ち時間なくスムーズに受診できるので、早速電話。対応してくれた方は日本人でスムーズに予約することができました。
そして仕事の空き時間に病院へ。歩いてでもいける距離ですが、足が痛かったのでタクシーを利用しました。料金は約60ペソ。ジャパニーズヘルプデスクは通常の病棟とは違う建物にあります。これが少し分かりづらくて、3人くらいスタッフに聞いてなんとかたどりつけました!

問診票は英語で書きますが、分からないところがあれば日本人のスタッフが翻訳してくれます。まったく英語ができない方でも安心して受診できると感じました。フィリピン人のドクターも少し日本語ができて「コレハエンショウドメノオクスリデス」と片言ながらも説明してくれました。

ウニのトゲが足の裏にいくつも刺さった状態だったので抜いてほしかったのですが、抜くと悪化するということでそのまま放置することに。しばらくすると溶けてなくなるそうです。

セブドクターズホスピタル

ビルの1階にある案内表示です。

診察時間は短かったのですが、日本語でしっかりと説明してもらえたので安心できました。診察料金は1,500ペソ。日本人価格で現地価格に比べると割高ですが、クレジットカードの保険や海外旅行保険があれば問題なしです!保険によってはキャッシュレスサービスを受けることもできます。

私はというと・・・お恥ずかしいことに何も保険がない状態でして1,500ペソを支払いました。痛い出費ですがこの機会に病院を見られてよかったので勉強代と思っています。生徒さんが次に行くときには迷うことなく案内できますので!

ちなみに私は日本の健康保険に加入しているので、帰国後申請することで一部の治療費の払い戻しを受けることができます。でも色々と書類を用意しないといけないので、かなりめんどうくさいです。なのでこれからセブ留学へ来る方には、海外旅行保険への加入をおすすめします!入っているのといないのでは、安心度が全然ちがいますので。

セブドクターズホスピタルジャパニーズヘルプデスク
電話:032-516-3341(日本語直通)
営業時間:午前9時~午後6時(月~金)、午前9時~12時(土)

コメントを残す